コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモーリヌイ聖堂 スモーリヌイせいどう

1件 の用語解説(スモーリヌイ聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

スモーリヌイせいどう【スモーリヌイ聖堂】

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグにある聖堂。ネヴァ川が東に流れを変えるエリアの左岸に位置し、18世紀に女帝エリザベータが女子教育の場として創設、その後エカテリーナ2世が女学校を開いて19世紀に新校舎が完成し、革命直前まで貴族令嬢たちの教育が行われた修道院である。ロシアでの女子教育の礎を築いた場所で、現在はおもにコンサートホールとして使われている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スモーリヌイ聖堂の関連キーワードペテルブルグサンクトペテルブルグサンクトペテルブルクペトログラード芸術広場サンクトペテルブルグ要塞Царское Селоペテルスブルクサンクトペテルブルク交響楽団サンクト・ペテルブルグ大学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone