コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモーリヌイ聖堂 スモーリヌイせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

スモーリヌイせいどう【スモーリヌイ聖堂】

ロシア第2の都市サンクトペテルブルグにある聖堂。ネヴァ川が東に流れを変えるエリアの左岸に位置し、18世紀に女帝エリザベータが女子教育の場として創設、その後エカテリーナ2世女学校を開いて19世紀に新校舎が完成し、革命直前まで貴族令嬢たちの教育が行われた修道院である。ロシアでの女子教育の礎を築いた場所で、現在はおもにコンサートホールとして使われている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

スモーリヌイ聖堂の関連キーワードエカテリーナ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android