コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スーチョウ(宿州)市 スーチョウSuzhou

翻訳|Suzhou

1件 の用語解説(スーチョウ(宿州)市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーチョウ(宿州)〔市〕
スーチョウ
Suzhou

中国華東地方,アンホイ (安徽) 省北部の市。スーシエン (宿県) 地区の行政中心地。ホワイ (淮) 河の支流トー (沱) 河にのぞむ。秦代に符離県がおかれ,唐代には宿州の州治であった。スー (宿) 県の県治となっていたが,1979年市制がしかれた。北郊のフーリーチー (符離集) では,チンフー (津滬) 鉄道からフーライ (符夾) 鉄道が分岐して,ホワイペイ (淮北) 市,フーヤン (阜陽) 市へ通じる。付近に石炭の埋蔵量が多い。農村部ではコムギ,ダイズ,サツマイモ,コーリャン,タバコ,ワタの栽培が盛んである。人口 25万 7705 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone