セザンヌ礼賛

デジタル大辞泉プラスの解説

セザンヌ礼賛

フランスの画家モーリス・ドニの絵画(1900)。原題《Hommage à Cézanne》。『セザンヌ頌』とも呼ばれる。「近代絵画の父」と称されるセザンヌ静物画を中心として、ナビ派の画家たちやオディロン・ルドンなどが描かれている。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android