セファレキシン(英語表記)cefalexin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セファレキシン
cefalexin

ペニシリンの母格に類似した β- ラクタム環を基本骨格にもつ第1世代セフェム系抗生物質の一つ。ペニシリンよりも抗菌スペクトルが広く,グラム陽性菌,陰性菌およびレプトスピラに作用する。作用機序はβ-ラクタム環のC-N結合の部分が菌の細胞壁形成酵素と結合し,細胞壁のムコペプチド合成を阻害することによる溶菌作用である。セファログリシン,セファレキシンは経口的に投与し,その他のセファロリジンなどは消化管から吸収されないので,非経口的に投与する。脳脊髄液への移行は少いが,胎盤は通過する。耐薬性は比較的生じにくく,菌交代症も著明なものはみられない。副作用は少いが,大量投与の場合に腎臓障害と,ペニシリン過敏症の患者にアレルギー反応が起ることがあるので,注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android