セヤヌス(英語表記)Sejanus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セヤヌス
Sejanus

[生]?
[没]31
古代ローマの政治家。フルネーム Lucius Aelius Sejanus。陰謀家として知られ,皇帝暗殺をもたくらんだとされる。チベリウス帝治下の 15年もしくは 16年に近衛長官となった。23年チベリウスのひとり息子ドルスス・カエサルを毒殺し,のちにドルススの妻リウィラとの結婚をもくろんだが,チベリウスによってはばまれた。27年にチベリウスがカプリ島に隠棲したのち政治を専断し,29年にはチベリウスの養子ゲルマニクス・カエサルの妻アグリッピナ(大)と,その息子のネロを追放することに成功。しかし,31年コンスル(執政官)の地位にあったとき,こうした策謀のゆえにチベリウスによって処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のセヤヌスの言及

【セイアヌス】より

…ローマの政治家。セヤヌスSejanusともいう。母方は元老院貴族だが,父は騎士。…

※「セヤヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android