コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルフツイスト紡績 セルフツイストぼうせきself-twist spinning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セルフツイスト紡績
セルフツイストぼうせき
self-twist spinning

紡績に用いられる精紡法の一種。2本の細い繊維束を,それぞれローラで送り出しながらローラをローラ軸方向に往復運動させ,各繊維束に一定間隔ごとに交互にS撚 (よ) り (右撚り) ,Z撚り (左撚り) を与えたのち,2本の繊維束を引きそろえる。2本の繊維束は,撚り方向を一定間隔で変えながら互いに撚りついて1本の糸を形成する。この方法は繊維長の長い繊維の紡績に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android