コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センスアンプ せんすあんぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

センスアンプ

メモリーセルからの電圧を増幅するための回路。メモリーセルは非常に小さなコンデンサで構成されているため、ビット線に読み出された電圧は数百mV程度と小さい。そのため、この電圧を増幅し、デジタルレベルとして取り扱いが可能になるレベルにまで増幅する必要がある。その増幅を行なう回路がセンスアンプである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

センス‐アンプ

sense amplifier》コンピューターなどの半導体記憶素子において、記憶されたデータを読み取る際の極めて低い電圧を、増幅させる回路。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例