コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶素子 きおくそし

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記憶素子

データの記憶機能を備えたIC、またはICの中の1ビットのデータを記憶する最少単位のこと。記憶セル、半導体メモリーとも呼ばれる。記憶内容を読み書きできるRAM(Random Access Memory)と、読み出し専用のROM(Read Only Memory)とがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きおくそし【記憶素子 memory element】

蓄積素子storage elementともいわれ,データを蓄える機能をもつ素子,または回路の単位を記憶素子と呼ぶ。コンピューターの取り扱うデータはディジタルな2値情報なので,安定状態を二つもつ物体,部品,回路,現象などはすべて記憶素子に利用できる可能性をもつ。しかし,電子的な速度で書き込んで読み出すことができ,周囲雑音の妨害や動作の反復に耐えられ,工業製品としての特性,経済性,安定性などや,周辺の電子回路との親和性のよさから,ヒステリシス特性をもつ強磁性素子や半導体電子回路がおもに使用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きおくそし【記憶素子】

コンピューターの主記憶装置に使われる半導体素子。 LSI ・ VLSI の形で提供され、さらに大容量化・高速化が進められている。メモリー-チップ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶素子
きおくそし
memory device

コンピュータの回路などで,情報をなんらかの形で記憶させ,あとで読出せる素子をいう。従来より磁性体による磁心記憶 (コアメモリ) ,フリップフロップ磁気ドラム磁気ディスク磁気テープなどが用いられているが,高密度・低消費電力・高速応答などの要求から MOS型トランジスタあるいは双極型トランジスタによる ICメモリが広く用いられている。その他,磁気バブル非晶質半導体電荷転送デバイス (CTD) ,MNOSダイオード,ホログラフィなどがそれぞれ特徴ある記憶素子あるいは記憶装置としての可能性をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

記憶素子
きおくそし
storage element

コンピュータにおいて、記憶装置の基本単位のこと、あるいは、データを蓄えうる素子のことをいう。前者は機能上の概念であり、後者は材料面などの物理的な概念である。後者の場合では記憶デバイスともいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の記憶素子の言及

【記憶装置】より

… 大半の記憶装置においては,図1のように記憶媒体における二進数を記憶する場所を何桁かずつまとめたものに対してアドレス(番地ともいう)と呼ばれる一連の番号をつけ,アドレスを指定することによって特定の場所に書き込んだり,そこから読み出したりする。アドレスは数字だけの住所のようなものであり,情報の読み書きは住所が指定された家(記憶素子)に情報を入れたり,そこから情報を出したりするようなものである。磁気記憶装置や光記憶装置などの大半においては,最初の書き込みの前にフォーマットという操作が必要である。…

※「記憶素子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

記憶素子の関連キーワード三次元NAND型フラッシュメモリーメゾスコピック・エレクトロニクスNAND型フラッシュメモリージョセフソン・コンピュータシングルエレクトロニクスデジタルコンピュータカルコゲナイドガラスモノリシック集積回路バイオコンピュータテューリング機械ジョセフソン素子単電子記憶素子不揮発性メモリパーセプトロンセンスアンプメモリーセル揮発性メモリパラメトロンメモリーICICカード