コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セント・ヘレナ[島] セントヘレナ

百科事典マイペディアの解説

セント・ヘレナ[島]【セントヘレナ】

南大西洋,アフリカ西岸から約1930kmにある英領の島。火山性の島で,最高点は標高823m。気候温和。アマの栽培が行われ,亜麻糸,レースなどの工業がある。1502年ポルトガル人が来航し,1659年以来英領。1815年ナポレオンがこの島に流されて,1821年に没した。主都ジェームズタウン。122km2。5157人(1998)。行政上はアセンション島などを含む。
→関連項目トリスタン・ダ・クーニャ[島]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

セント・ヘレナ[島]の関連キーワードナポレオン[1世]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android