コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セービンの式 セービンノシキ

デジタル大辞泉の解説

セービン‐の‐しき【セービンの式】

室内や音楽ホールなどの残響時間を求める経験的な式。音場の容積V立方メートル、表面積S平方メートル、壁の平均吸音率αの場合、残響時間Tはセービンの式、T=0.161V/Sαで表される。容積に比例し、吸音力に反比例する。19世紀末、米国の物理学者W=C=セービンにより導出された。セービンの残響式サビネの式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android