コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸音率 きゅうおんりつ acoustic absorptivity

4件 の用語解説(吸音率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸音率
きゅうおんりつ
acoustic absorptivity

エネルギー I0 の音波が物体に当り,そのうち Ir のエネルギーが反射されたとき,(I0Ir)/I0=σ の値をその物体の吸音率という。物体の種類,厚さ,取付け方,音の入射角度によって値が異なり,また音波の周波数にも依存する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅうおん‐りつ〔キフオン‐〕【吸音率】

音波が物体に入射したときの、入射エネルギーから反射エネルギーを引いた値と、入射エネルギーとの比。一般に同じ材料でも吸音率の値は音波の周波数により変化する。→吸音力吸音材

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうおんりつ【吸音率 sound absorption coefficient】

室の天井や壁の内装に用いられる材料の吸音の程度を表す指数で,材料に入射する音の強さをI,材料の表面で反射する音の強さをRとすると,1-(R/I)で定義される。吸音率は,材料の素材,壁への取付方法,材料背後の空気層の厚さ,音の入射条件,周波数などによって異なり,タイルのような反射材料で0に近く,完全に音を吸う材料で1となる。ホールスタジオ音響設計に使われる吸音率は,JISで規格が決められた残響室で測定した残響室法吸音率である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸音率
きゅうおんりつ

音波が物体で反射されるとき、入射エネルギーから反射エネルギーを引いたものと、入射エネルギーとの比を吸音率という。吸音率は、同一材料でも周波数、入射角、材料の背後の条件で異なり、吸音率を示すときは、その条件を明記しないといけない。材料表面の法線方向から入射する平面音波に対する吸音率を垂直入射吸音率といい、残響室に吸音材を入れたときと、入れないときの残響室の残響時間を測定して決められる吸音率を残響室吸音率という。多孔質の吸音材料に音波が入射したときの音波の吸収は、細い管中の空気中を音が伝播(でんぱ)するときと同様に、粘性と熱伝導率とで決まる。剛壁の裏に空気の層がある場合は、壁と空気層とでできる振動系の振動によって、エネルギーが吸収される。
 一般に音波が媒質中を進行するときに、そのエネルギーが吸収されて減衰する。振動源での音波のエネルギーをI0、振動源から距離xにおけるエネルギーをIとしたとき、II0e-αxで定義されるαを吸収係数といい、前述の吸音率と区別している。媒質が単原子分子の気体では、αは周波数の2乗に比例し、粘性、熱伝導率で決まるが、多原子分子の場合では、振動、回転などの内部自由度が吸収に関係してくる。逆に吸収係数を測定することによる、媒質の状態の研究がなされている。[奥田雄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吸音率の言及

【音響設計】より

…この段階では,意匠的な設計と同時に,音響設計として室内の響きぐあいをその室の用途に最適な状態にすること,エコーなどの音響障害の発生を防ぐことなどに重点をおいて各部位ごとに適当な内装材料を選定する。室内の響きの程度は,残響時間で表されるが,その値は室容積,それぞれの内装面の吸音率と面積および座席あるいは人間の吸音力から容易に計算することができる。図1は室の使用目的別に最適残響時間を表したものの一例で,このような数値を一つの目安にして,室の用途,規模(室容積)に応じた残響時間を設定し,計算値が目標値に合うように内装材料を決める。…

※「吸音率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吸音率の関連キーワード花材吸音材無響室繊維壁包装材料吸音材料打上天井岩綿吸音板残響室多孔質吸音材料

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone