コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼレナーホラの巡礼教会 ゼレナーホラノジュンレイキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

ゼレナーホラ‐の‐じゅんれいきょうかい〔‐ジユンレイケウクワイ〕【ゼレナーホラの巡礼教会】

Kostel Svatého Jana Nepomuckého na Zelená Hora》チェコ東部、プラハの南東約150キロメートルのゼレナーホラにある教会。ボヘミア王バーツラフ4世の怒りをかって殉教(じゅんきょう)したネポムークの聖ヨハネ(聖ヤン‐ネポムツキー)に捧げるため、18世紀初頭に建造されたもの。ネポムークの聖ヨハネの伝承にちなみ、その象徴とされる数字の5、星形などが建物の設計に反映されている。1994年に「ゼレナーホラのネポムークの聖ヨハネ巡礼教会」として世界遺産(文化遺産)に登録された。聖ヤン‐ネポムツキー巡礼教会。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ゼレナーホラの巡礼教会の関連キーワード聖ヤンネポムツキー巡礼教会

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android