コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殉教 じゅんきょうmartyrium

6件 の用語解説(殉教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殉教
じゅんきょう
martyrium

一般には,宗教上の信仰のゆえに迫害を受けて死ぬこと。広く主義のために死ぬ場合にも用いる。キリスト教会,特にカトリックではこれに明瞭な意味を与え重視する。キリスト教では,殉教者の原語 martyrはもともとあかしを立てる人の意で,イエスの生涯と復活の証人として使徒たちをさしたが,その後2世紀なかば頃から自己の信仰を真理として宣明し,迫害に対し信仰を死守した者の呼称に転化。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

殉教【じゅんきょう】

一般に宗教上の信仰のために迫害を受け命を捨てること。キリスト教,とくにカトリック教会では,迫害時代に信仰を守って落命した信徒を殉教者martyrとして崇敬する。
→関連項目サン・フェリペ号事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんきょう【殉教】

宗教上の信仰を貫き,そのために迫害されて死ぬこと。主としてキリスト教やイスラムのような一神教の世界で発生し,重要視された。仏教文化圏では,大衆の苦難をわが身に引きうける受苦(菩薩行)の思想が生みだされたが,死の強制を引きうける殉教という考え方は育たなかった。キリスト教のなかでも殉教martyrdomをすぐれた徳行としたのはカトリック教会であり,とくにキリスト教徒迫害の時代に信仰を守るために死を選んだ者を殉教者martyrとしてたたえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんきょう【殉教】

( 名 ) スル
信仰する宗教のために自分の命を捨てること。 「 -者」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殉教
じゅんきょう
martyrdom

一般には、信仰のために苦難を受け命を捧(ささ)げることをいう。とくにキリスト教で、迫害の時代に、自己の信仰のために苦難を受け、命を捨てた人々を殉教者といい、その死を殉教という。殉教者はギリシア語で本来「証人」を意味し、イエスの生涯とその復活の証人である使徒をさすことばであったが、2世紀以降、迫害が激化するにつれて、意味の転化がおこった。テルトゥリアヌスが「キリスト教徒の血は種子である」といっているように、殉教者は教会発展の礎(いしずえ)として非常に尊敬され、信仰を告白して苦難を受けたが殺されはしなかった証聖者と区別された。石で殺されたステパノが最初の殉教者とされる(使徒行伝)。パウロやペテロ、イグナティオス、ユスティノスなど多くの殉教者が知られている。
 2世紀後半の『ポリュカルポス殉教記』では、殉教者の遺物を尊び、死の記念日を祝っており、やがて殉教者は聖人として崇敬されるに至った。記念日にはミサがあげられ、神にとりなしをする者として、殉教者の功徳は信徒の救いに有効とされ、4世紀以降、墓所の上に教会が建てられた。そして、殉教録という殉教者その他の聖人を年間の記念日の順に配列した名簿がつくられ、聖務日課のときに朗読された。なお中世以降も、キリスト教の宣教に伴って、ヨーロッパの内外で信仰のために多くの血が流された。日本においても、キリシタンの迫害は激しく、とくに長崎で殉教した「日本二十六聖人」は有名である。[木寺廉太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

殉教の関連情報