コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝承 デンショウ

デジタル大辞泉の解説

でん‐しょう【伝承】

[名](スル)
伝え聞くこと。人づてに聞くこと。
「浪士数百名島津泉州に就(つき)て暴挙の企あるの趣、疾くも―為(し)たりしかば」〈染崎延房・近世紀聞〉
ある集団の中で、古くからあるしきたり・信仰・風習・言い伝えなどを受け継いで後世に伝えていくこと。また、そのようにして伝えられた事柄。「郷土芸能を伝承する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんしょう【伝承】

( 名 ) スル
(古くからの言い伝え・風習などを)受けついで伝えて行くこと。また、その事柄。 「民間-」
伝えきくこと。 「山僧君は小説にも意ある由十風より-せり/俳諧師 虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伝承
でんしょう

一般には、前世代からの伝統的文化遺産を次の世代が引き継ぐこと、または継承されたその内容を意味するが、民俗学や文化人類学では、常民社会におけるある種のまとまった知識や技術や信仰の体系、習俗、文字化されていない説話(神話、伝説、民話、昔話など)、民謡、諺(ことわざ)などの世代を超えた伝達を「民間伝承」として研究の対象としている。伝承の内容と形式とは地域的特性をもつが、ある文化体系内における個々の文化要素は、実際には他の地域からもたらされたものが多い。このような文化要素の空間的移動を伝播(でんぱ)とよぶのに対し、伝承とは文化の時系列、とくに世代を経た伝達を意味するのが普通である。
 情報の流通体系が比較的限定されている社会では、伝承の過程はより円滑で、その内容もほぼ一定しているが、現代社会のように情報量が増え、内容が多様化し、しかも価値観の多岐化によって、受け止めるべき情報の選択基準自体が流動的となると、伝承の形態、内容の量と質が規制されることになる。
 ある時期、ある社会集団に特有の文化があっても、それが次の世代において機能することがなければ伝承されず、一時的な流行または風俗に終わる。しかし、なかには、比較的修正されることが少なく、時代を超えて伝承されるものがある。ドイツの民俗学者ハンス・ナウマンはこれを基層文化とよび、その時代における特殊個別的な表層文化と区別した。基層文化は、その社会の常民が超世代的に伝承してきた民族文化の中核をなすものであり、日常繰り返される行動様式のなかに包含されている。それゆえに、伝承文化の研究は、その民族的特性を理解する重要な手掛りを与えると主張する民俗学者は多い。民間伝承と称されるものも、社会成員が同等に共有しているわけではない。伝承される知識や技術の体系を記述、分析するのが民族誌学であり、これが比較民族学や文化人類学に基礎的資料を提供している。[丸山孝一]
『和歌森太郎著『新版日本民俗学』(1970・清水弘文堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

伝承の関連キーワードムスリム・イブヌル・ハッジャージュ青森県東津軽郡蓬田村広瀬スバル技能向上プログラム秋田県能代市二ツ井町上台鳥取県鳥取市青谷町鳴瀧鳥取県米子市淀江町淀江大阪府富田林市粟ケ池町島根県江津市桜江町市山愛知県知多郡武豊町小迎福島県二本松市下川崎山口県山口市下竪小路愛知県新城市玖老勢アブー・ダーウード愛知県瀬戸市西郷町岐阜県関市日ノ出町イブン・バーブーヤ大阪府羽曳野市伊賀島根県出雲市浜町イブン・マージャ奈良県五條市本町

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝承の関連情報