タイムボカンシリーズ

デジタル大辞泉プラスの解説

タイムボカンシリーズ

日本のテレビアニメシリーズのひとつ。制作:タツノコプロタイムトラベルをテーマとしたSFアクション作品で、コミカルな勧善懲悪もの。三人組の間抜けな悪役が登場し、失敗しては毎回黒幕からお仕置きを食らうなどの共通パターンがある。『タイムボカン』『ヤッターマン』、『ゼンダマン』など、テレビでは1970年代~80年代にかけ7作品を放映。2008年には三池崇史監督による実写版の映画も公開されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイムボカンシリーズの関連情報