悪役(読み)あくやく

精選版 日本国語大辞典「悪役」の解説

あく‐やく【悪役】

〘名〙 演劇、映画などで、悪人に扮する役柄。また、それを演ずる人。転じて、実際の生活で、憎まれる立場にある人。悪形(あくがた)悪人方敵役(かたきやく)
※小説平家(1965‐67)〈花田清輝〉二「北条一族が、事件の表面にあらわれて、悪役を演じていないかぎり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪役」の解説

あく‐やく【悪役】

映画や芝居などの悪人の役。敵役かたきやく悪形あくがた
(比喩的に)人に憎まれる役回り。「悪役にまわる」
[類語]敵役悪玉憎まれ役ヒール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の悪役の言及

【敵役】より

…またそれを専門に演ずる俳優をいう。今日では演劇一般,映画でも使われ,〈悪役〉ともいう。元禄時代には敵役(てきやく),悪人方,悪方(いやがた)ともいっていたが,のちに〈かたきやく〉という呼び方におちついた。…

※「悪役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android