テレビ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「テレビジョン」の略。
※百万人の科学(1939)〈竹内時男〉序「セロファン、ス・フ、ラヂオ、テレヴィ、私共の周囲はすべて科学である」
[語誌](1)日本では昭和三年(一九二八)、高柳健次郎が初めて公開実験に成功した。当初は、原語そのままの「テレビジョン」という形で呼ばれた。
(2)本放送の開始は昭和二八年で、同三〇年代までは省略形と原語形とが併用され、省略形からは、「テレビドラマ」「テレビタレント」などの複合語が生まれた。
(3)本来は tele (遠く)+ vision (見るもの)であり、「テレビ」という略し方は日本語独特のものである。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テレビの関連情報