コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマゴテングタケ(卵天狗茸) タマゴテングタケAmanita phalloides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマゴテングタケ(卵天狗茸)
タマゴテングタケ
Amanita phalloides

担子菌類マツタケ目テングタケ科。夏秋の頃,林地の地上に散生する。傘の直径7~15cm,茎の長さ8~20cmで,テングタケによく似ている。開ききると平らになり,茎の上部に鍔 (つば) があり,基部に大型,袋状の壺をもっている。灰緑色または淡緑黄色で肉は白色,胞子紋も白い。猛毒がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タマゴテングタケ【タマゴテングタケ(卵天狗茸) death cap】

担子菌類ハラタケ目テングタケ科の猛毒キノコイラスト)。世界でもっとも恐ろしい猛毒菌であるが,日本ではきわめてまれにしか生えない。日本でもっとも恐ろしいのは,近縁のドクツルタケA.virosa Secr.(英名destroying angel)で,毒性の強さは両者とも同じくらいである。この2種は色はちがうが形は似る。共通の形態的特徴はともに茎に膜質のつばと豊かなつぼがあることである。つぼは茎の根もとを袋状に包む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報