テングタケ

百科事典マイペディアの解説

テングタケ

テングタケ科の大型キノコ。かさの裏のひだが純白〜黄色で無色の胞子をつけ,柄の上部に鐔(つば),下端に壺をそなえたテングタケ属の代表種。高さ30cm内外になり,ひだは白色,かさの上面は褐色で表面に黄褐色,革質のいぼを散生する。温帯地方に広く分布し,日本では夏〜秋に松林などに生ずる。毒菌。近縁のものには,かさ上面が濃赤色でひだが黄色いタマゴタケのような食菌もあるが,かさの上面が淡黄緑色のタマゴテングタケ,白色のドクツルタケシロタマゴテングタケのように,一見食べられそうに見え,食べれば必ず死ぬものもあるから注意が必要。ベニテングタケはかさ上面が紅色で毒菌。これらの毒成分はアマニチンムスカリン等である。
→関連項目キノコ毒キノコ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テングタケ【Amanita pantherina (Fr.) Secr.】

担子菌類ハラタケ目テングタケ科の毒キノコ(イラスト)。高さ10~25cm,かさの直径も10~25cmになり大型。かさははじめ半球状,のち平らに開き,表面は灰褐色暗褐色,周辺には放射状のみぞ線があり,全面に白色のかさぶた状のいぼをのせる。ひだは白,に離生し,茎は円柱状でじょうぶ,白色で上から3分の1ほどのところに膜質のつばがある。茎の根もとはふくらみ,つぼの破片環状にならんで残る。胞子は広楕円形,10~12μm×7~9μm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングタケ
てんぐたけ / 天狗茸
[学]Amanita pantherina (Fr.) Secr.

担子菌類、マツタケ目テングタケ科の毒キノコ。傘は径10~20センチメートル、初め丸く、のちに平らに開く。表面は灰褐色ないし暗褐色で、上に多数のかさぶた状の白いいぼいぼが点在する。このいぼは、つぼの破片である。ひだは茎に離生。茎は長さ10~25センチメートル、太さ1~2.5センチメートルで、中ほどに膜質のつばをつける。根元には、つぼの破片が2~3段、環状に並ぶ。夏から秋、松林に多くみられる。
 著名な毒茸(どくたけ)であるが、致命的な毒ではない。食後15~30分で症状が現れ、酒に酔ったような興奮状態になり、精神錯乱、幻覚、視力障害をおこしたあと、深い眠りに陥るが、回復も早い。ときに嘔吐(おうと)を伴うことがある。[今関六也]

毒成分

以前はムスカリンというアルカロイドと考えられていたが、実際にはムスカリンの含有量は少なく、ベニテングタケと同じくイボテン酸とムッシモールという物質であることが、最近の研究で判明している。なお、ムスカリンはアセタケ属に多量に含まれる成分で、自律神経系に障害を招き、多量の発汗、瞳孔(どうこう)縮小、不整脈、心臓衰弱などをおこす。
 テングタケには、ハエトリタケという地方名もある。これは、テングタケやベニテングタケを室内に置くと、ハエが集まり、なめて倒れるからである。ハエを誘引するのは13-ジオレインという特殊な脂肪成分であることが武藤聡雄によって明らかにされ(1968)、化学的合成にも成功している。この脂肪成分は、イエバエのほかにミズアブ、トビムシ、ハネカクシなども誘う。また、なめて倒れるのは、先のイボテン酸とムッシモールの効き目であるが、ハエは死ぬのではなく麻痺(まひ)するだけで、2日ほどたつと生き返るという。テングタケを塩蔵または乾燥して保存し、毒性をなくして食用にする地方(長野県上田市付近)もある。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テングタケの関連情報