タワシウニ(英語表記)Echinostrephus aciculatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タワシウニ
Echinostrephus aciculatus

棘皮動物門ウニ綱ホンウニ目ナガウニ科。殻は直径3~4cm,高さ 1.5~2cmで,上面より見ると丸みを帯びた五角形,頂上はほぼ扁平。とげは紫黒色で先端が白く,反口側に近いほど細長くなり,先端が鋭くとがる。口側のとげは非常に短い。裸殻は反口側が鮮明な緑色,口側は淡灰色。低潮線付近より水深 30mぐらいまでの岩礁に孔を掘ってその中にすむ。相模湾以南に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のタワシウニの言及

【ウニ(海胆)】より

…一般にくぼんだ場所や石の下などに隠れるが,餌をとりにはい出した後は再び元の場所に帰る。タワシウニは殻を回転させて岩の穴を広げることができる。シラヒゲウニ,エゾバフンウニ,バフンウニなどは管足で小石や海藻片,ごみなどを殻の表面につけてカムフラージュするが,そのようなことはしないウニのほうが多い。…

※「タワシウニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android