頂上(読み)ちょうじょう

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐じょう チャウジャウ【頂上】

〘名〙
① いちばん上のところ。山のいただきや頭のてっぺんなど。
※往生要集(984‐985)大文四「頂上肉髻、無能見者
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「息絶身こごえて、頂上に臻(いた)れば日没て月顕る」 〔林寛‐送僧遊太白峯詩〕
② 物事のこの上ないさま。物事の考えうる限りの最高の状態。最上。
※名語記(1275)六「三界のやどの欲界は、みな欲心頂上の故にむまれきたれる也」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉二「嬢様にはお替りもなく、夫れは頂上頂上」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じょう〔チヤウジヤウ〕【頂上】

山などのいちばん高いところ。いただき。「富士山の頂上に立つ」
最高の状態に達していること。絶頂にあること。「景気が頂上に達する」
最高の地位、また、その人。「財界の頂上会談」
重畳(ちょうじょう)2」に同じ。
「誰も怪我が無うて―や」〈上司太政官

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android