コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頂上 チョウジョウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐じょう〔チヤウジヤウ〕【頂上】

山などのいちばん高いところ。いただき。「富士山の頂上に立つ」
最高の状態に達していること。絶頂にあること。「景気が頂上に達する」
最高の地位、また、その人。「財界の頂上会談」
重畳(ちょうじょう)2」に同じ。
「誰も怪我が無うて―や」〈上司太政官

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうじょう【頂上】

山などの、もっとも高い所。てっぺん。いただき。絶頂。
それより上に行きようのない状態。 「この好景気もここらが-だ」
もっとも高い地位にある人。
頭のてっぺん。 「文覚が-より手足のつまさきたなうらに至るまで/平家 5
重畳ちようじよう 」に同じ。 「お互ひに無事で-/いさなとり 露伴

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

頂上の関連キーワードラッシュタクティクスエクストリームスキー種山高原星座の森飛騨高山スキー場瑞穂ハイランド未登峰・未踏峰重複リップルトップアウトやっとの事でやっとこせカール氷河小憩・少憩火の見梯子クレスト線目と鼻の先ぎりぎりてっぺん山上ヶ岳眉に迫る登山鉄道

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頂上の関連情報