上面(読み)じょうめん

精選版 日本国語大辞典「上面」の解説

じょう‐めん ジャウ‥【上面】

〘名〙
① 上の面。物体の上側の面。顔や物の外側の面。また、物事の表面。うわつら。
※粟田左府尚歯会詩(969)暮春見藤亜相山荘尚歯詩〈源信正〉「満頭乱雪飄歌曲、上面深紅借酒巡」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「図に於ては、只机椅子及び書物の、上面を見るのみなり」 〔宋書‐武帝紀〕

うわ‐つら うは‥【上面】

〘名〙
① 物の表面。外面。うわべ。うわっつら。じょうめん。〔細流抄(1525‐34)〕
※仮名草子・浮世物語(1665頃)三「奈良がたなのうはつらぎらめきて物の切るる事なく」
② 本質から離れた外面的なもの。内実とは違った見かけ上の様子。うわべ。うわっつら。
※至道要抄(1467頃)「うはつらばかり、うつくしく、よしめけるは」

うわっ‐つら うはっ‥【上面】

〘名〙 「うわつら(上面)」の変化した語。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「物事を易く見て、上面(ウハッツラ)をスーと撫でて通ると云ふ質(たち)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上面」の解説

うわ‐つら〔うは‐〕【上面】

物の表面。または、外見。うわべ。うわっつら。「問題の上面を見ているだけで、本質をとらえていない」

じょう‐めん〔ジヤウ‐〕【上面】

物の上を向いた。上になっているの面。⇔下面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android