ダランベルシアン(英語表記)d'Alembertian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ダランベルシアン」の解説

ダランベルシアン
d'Alembertian

三次元の座標 (xyz) に関する2階の微分演算子

2/∂x2+∂2/∂y2+∂2/∂z2=△

ラプラシアンと呼ぶが,もう1つの座標 ct ( t は時間座標,c は光速度) に関するを付加した

△-∂2/∂(ct)2=□

をダランベルシアンまたはダランベール演算子という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android