ダランベルシアン(英語表記)d'Alembertian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ダランベルシアン」の解説

ダランベルシアン
d'Alembertian

三次元の座標 (xyz) に関する2階の微分演算子

2/∂x2+∂2/∂y2+∂2/∂z2=△

ラプラシアンと呼ぶが,もう1つの座標 ct ( t は時間座標,c は光速度) に関する項を付加した

△-∂2/∂(ct)2=□

をダランベルシアンまたはダランベール演算子という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android