コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

座標 ざひょうcoordinates

5件 の用語解説(座標の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

座標
ざひょう
coordinates

直線上,平面上,経験的空間内,一般には n 次元ユークリッド空間内の点の位置を,数または数の組で表わすために用いられる概念。座標によって点の位置を表わすための仕組みを座標系という。この座標系をもとにして,点と数または数の組が対応させられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

座標【ざひょう】

平面や空間の点の位置を表示する数の組。座標を決めるための機構を座標系という。最も広く用いられる直交座標のほか,斜交座標極座標円柱座標など。→座標変換
→関連項目次元(数学)デカルト座標

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ざひょう【座標 coordinate】

直線,平面,空間における点に数または数の組を対応させて点の位置を表すしくみを座標系といい,点に対応する数または数の組をその点の座標という。座標を初めて考えたのはR.デカルトであり,彼はそれによって解析幾何学を創始し,幾何学的な図形を数の関係で表して幾何学を代数を用いて研究するという方法を開発したのである。この方法はその後に生まれた多くの幾何学の研究にも用いられ,それらに応じて各種の座標が導入された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ざひょう【座標】

点の位置を表すのに使ういくつかの数の組。平面上では、直角に交わる二直線と点との距離と点の位置による正負の符号を考えた直交座標が使われる。
そのものの位置づけ。また、その基準。 「二一世紀の日本の-」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

座標の関連情報