コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルマティカ dalmatica

大辞林 第三版の解説

ダルマティカ【dalmatica】

古代ローマ末期から中世にかけて着用された T 字形のゆるやかな衣服。現在はキリスト教聖職者の儀式服として残る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ダルマティカ【dalmatica】

2世紀末ころ,ダルマティアからローマ帝国に伝えられた貫頭衣式の衣服。初期キリスト教徒の男女に着用され,身幅も幅も広く,丈も長い。一般に身ごろと袖に〈クラウス〉という条飾をトリミングした。4世紀ごろからダルマティカは裁断の上にも新しいくふうが行われ,5世紀以来ビザンティン帝国の公服や司祭服となり,中世初期の西ヨーロッパにも継承された。現在もカトリックの祭服として使用されている。【井上 泰男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のダルマティカの言及

【ローマ】より

…また,袖なし・貫頭衣型の羊毛製外套(パエヌラpaenula)も旅行用・雨天用として好まれた。セウェルス朝時代には袖つきトゥニカから発展したダルマティカが流行した。これは羊毛や亜麻,半絹,絹などで作られたゆったりした長袖つきの丈長の衣服で,キリスト教の聖職者はこれを典礼用衣服とした。…

※「ダルマティカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダルマティカの関連キーワードチュニックパリューム字形

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android