コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンレク山脈 ダンレクさんみゃくChuǒr Phnum Dângrêk

1件 の用語解説(ダンレク山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンレク山脈
ダンレクさんみゃく
Chuǒr Phnum Dângrêk

タイとカンボジアの自然国境となっている山脈で,タイ北東部とカンボジア北部を分ける。メコン川右岸から西へ,タイのチャオプラヤー川下流域の平野まで,約 300kmにわたって延びる。森林におおわれた丘陵性の山脈で,平均標高 450~600m,最高点は 761m。地質的にはタイのコラート高原の南縁にあたり,北のタイ側斜面はムーン川流域平野に向ってゆるやかに傾斜するが,南のカンボジア側は急斜面をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone