コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダールル・イスラーム Dār al-Islām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダールル・イスラーム
Dār al-Islām

イスラムの館」を意味するアラビア語。イスラム法学では,世界はダールル・イスラームとダールル・ハルブ (戦争の館) に分れ,前者はイスラム法が施行されているイスラム共同体で,後者はイスラム法が及ばないため,イスラム世界とは戦争状態にある世界を示している。イスラム法学者によっては,それらの中間に「和平の館」を意味するダールッ・スルフ (またはダールル・アフド) を加えて世界を3分することもある。それは,イスラム法は及んでいないが,イスラム世界と契約関係にある世界である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android