和平(読み)ワヘイ

デジタル大辞泉の解説

わ‐へい【和平】

[名・形動]
人や国が争いをやめて仲直りし、平和になること。「和平の道をさぐる」「和平交渉」
世の中や気候などが穏やかであること。また、そのさま。
「湿気と炎熱の為に、気候最も良好―ならざるなり」〈日本風俗備考〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わへい【和平】

( 名 ) スル
争いがなく穏やかなこと。平和。 「百年もの間-が続く」
戦いをやめ、仲直りすること。 「 -を申し入れる」
気候が穏やかなこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

わ‐へい【和平】

〘名〙
① (形動) 世の中や気候がやわらぎ、穏やかであること。また、そのようなさま。平和。かへい。
※性霊集‐三(835頃)勅賜屏風書了即献表「隣里和平、寰区粛恭」
※日本風俗備考(1833)二〇「気候最も良好和平ならざるなり」 〔礼記‐楽記〕
② 人や国が争いをやめ、平和になること。「和平交渉」
※中右記‐康和四年(1102)一〇月一七日「又東大寺与御寺大衆去月合戦之後、互不和平之間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の和平の言及

【平和】より

…だがその場合注意すべきことは,平和は文化と時代によってのみか,文化の中心と周辺によってもその意味を変えるということである。それぞれの文化で平和を意味する概念を比較研究し,重点の違いによる意味の異同を整理した石田雄によれば,古代ユダヤ教のシャーロームšālômにおける正義への積極的な志向,ギリシアのエイレネeirēnēやローマのパクスpaxにおける秩序の強調,中国・日本の和平,平和および古代インドのシャーンティśāntiにおける心的状態の重視が,それぞれ平和の重要な構成契機となっている。
[西洋と東洋における平和観の相違]
 確かにどの文化にも平和の意味には正義,豊穣,秩序,静穏,平安のイメージが多少とも共有されている。…

※「和平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和平の関連情報