コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェ・ギュハ(崔圭夏) チェ・ギュハChoi Kyu Hah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェ・ギュハ(崔圭夏)
チェ・ギュハ
Choi Kyu Hah

[生]1919.7.16. 江原道,原州
[没]2006.10.22. ソウル
大韓民国 (韓国) の政治家。 1941年東京高等師範学校卒業。 1946年ソウル大学校教授。 1952年駐日代表部総領事。 1953年日韓会談代表。 1959年外務次官,1963年国際連合代表,1967年外務大臣となった。 1969年6月アジア太平洋協議会 ASPAC第4回閣僚会議,同年8月第3回日韓閣僚会議に韓国代表として来日。 1971年大統領外交担当特別補佐官,1972年南北調節委員,1975年首相。 1979年パク・チョンヒ (朴正煕) 大統領暗殺後, 大統領代行を経て大統領に選出されたが, 翌 1980年光州事件が起こり,辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェ・ギュハ(崔圭夏)の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android