コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チッタリア Cyttaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チッタリア
Cyttaria

子嚢菌類盤菌目のキノコ。南半球温帯のブナ科ナンキョクブナ属 Nothofagusの各種の枝に寄生して一種の菌 癭 (きんえい) をつくる。この菌 癭の柔組織内にはこの菌の菌糸が生長し,やがて洋なし形の子実体を生じる。子実体は中空であるが表面に多数の盤状の子実層ができ,ここに子嚢を生じるのでこの菌はかりに盤菌目として扱っている。この菌の分布はナンキョクブナ属の存在する地方で,南アメリカ,ニューギニア,タスマニアなどに広く知られており,この子実体の若いものをとって食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android