コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チトーグラード Titograd

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チトーグラード
ちとーぐらーど
Titograd

モンテネグロの首都ポドゴリツァの旧称。第二次世界大戦の英雄でユーゴスラビア社会主義連邦共和国(旧ユーゴスラビア)の元大統領チトーにちなみ1946年から1991年まで使用していた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチトーグラードの言及

【ポドゴリツァ】より

…1474‐1878年はオスマン・トルコの占領下にあり,旧市街に見られるイスラム教のモスクや時計塔はそのなごりである。第2次大戦で壊滅的打撃を受け,1946年チトーグラードTitogradと改名して町づくりが行われた。金属,機械,化学,食品関係の工場のほか,ツルナ・ゴーラ・アカデミー,ベリコ・ブラホビッチ大学(1974創設),放送局,劇場,博物館がある。…

※「チトーグラード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チトーグラードの関連キーワードセルビア・モンテネグロV. ジュラノビッチモンテネグロ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android