コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャランケ チャランケ

大辞林 第三版の解説

チャランケ

〔アイヌ語。談判、論議の意〕
アイヌ社会における秩序維持の方法で、集落相互間または集落内の個人間に、古来の社会秩序に反する行為があった場合、その行為の発見者が違反者に対して行うもの。違反が確定すれば償いなどを行なって、失われた秩序・状態の回復をはかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

チャランケの関連キーワード鶴ヶ岱チャランケチャシ鶴ヶ岱チャランケ砦跡モシリヤチャシ桂ヶ岡チャシ北海道釧路市釧路(市)桂ヶ岡砦跡アイヌ語社会秩序春採湖釧路市行為談判論議古来秩序

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャランケの関連情報