チャンドラヤーン一号(読み)チャンドラヤーンイチゴウ

デジタル大辞泉「チャンドラヤーン一号」の解説

チャンドラヤーン‐いちごう〔‐イチガウ〕【チャンドラヤーン一号】

インド初の月探査機サンスクリット語で「月の乗り物」を意味する。2008年10月に国産ロケットPSLV-XLで打ち上げられた。各種センサーを搭載し、2年間にわたって月表面の地形や元素組成の調査を行う予定だったが、2009年8月に通信が途絶し、運用を終了した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android