運用(読み)うんよう

精選版 日本国語大辞典「運用」の解説

うん‐よう【運用】

〘名〙 働かせ用いること。物をうまく使うこと。活用
※大学垂加先生講義(1679)「其本体のなりに明のきらりきらりとはたらく用ていが知ぞ」
※養生訓(1713)二「みづからたちて我身を運用すべし」 〔袁宏‐三国名臣序賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「運用」の解説

うん‐よう【運用】

[名](スル)
そのもののもつ機能を生かして用いること。活用。「法規の運用を検討する」
自衛隊で、行動の意で使う。「陸海空すべての部隊運用の権限が新設された統合幕僚監部へ移った」
[類語]引用クオーテーション孫引き引き合い使用利用活用所用盗用悪用転用流用通用愛用援用応用逆用供用誤用充用試用常用善用適用乱用引証引例引拠引き句引き写し転載掲載登載所載満載連載訳載載せるコピーアンドペースト引き写す使う用いるかす役立てる用立てる利する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「運用」の解説

【運用】うんよう

はたらかせる。〔宋史、岳飛伝〕陣して而る後に戰ふは、兵法なり。用のは一心に存す。

字通「運」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android