運用(読み)ウンヨウ

デジタル大辞泉の解説

うん‐よう【運用】

[名](スル)
そのもののもつ機能を生かして用いること。活用。「法規の運用を検討する」
自衛隊で、行動の意で使う。「陸海空すべての部隊運用の権限が新設された統合幕僚監部へ移った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんよう【運用】

( 名 ) スル
物の機能を生かして用いること。活用。 「法の-をめぐって論争する」
金銭を利殖などの目的のために他の財産形態に変えること。 「財産を-する」
運転。特に、操船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うん‐よう【運用】

〘名〙 働かせ用いること。物をうまく使うこと。活用
※大学垂加先生講義(1679)「其本体のなりに明のきらりきらりとはたらく運用ていが知ぞ」
※養生訓(1713)二「みづからたちて我身を運用すべし」 〔袁宏‐三国名臣序賛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

運用の関連情報