コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュル チュルChuru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュル
Churu

インド北西部,ラージャスターン州北部の町。チュル県の行政庁所在地。ジャイプル北西約 170kmに位置。北インドの農耕民ジャート人の首長チュルルによって 1620年頃建設された。羊毛,トウモロコシ,豆類,家畜,塩などの地方市場があるほか,手織物,陶器,皮革製品などの家内工業が行われる。ラージャスターン大学のカレッジがある。人口8万 2430 (1991) 。

チュル

テュル」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チュルの関連キーワードアタチュルク記念日および青年とスポーツの日チクシュルーブクレーターマフムード・カシュガリーA.M.O. ラサネンアタチュルク森林農園トルコ=タタール諸語アゼルバイジャン人アタチュルクの森オルド(斡魯朶)コーカサス諸語テギン(特勤)アヌトゥカビルアタチュルク廟ケマル・パシャトルコ系諸族トルクメン語ラテュルビーチャガタイ語アタチュルクウイグル文字

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チュルの関連情報