コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュル Churu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュル
Churu

インド北西部,ラージャスターン州北部の町。チュル県の行政庁所在地。ジャイプル北西約 170kmに位置。北インドの農耕民ジャート人の首長チュルルによって 1620年頃建設された。羊毛,トウモロコシ,豆類,家畜,塩などの地方市場があるほか,手織物,陶器,皮革製品などの家内工業が行われる。ラージャスターン大学のカレッジがある。人口8万 2430 (1991) 。

チュル

テュル」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チュルの関連キーワードアタチュルク記念日および青年とスポーツの日チクシュルーブクレーターマフムード・カシュガリーA.M.O. ラサネントルコ=タタール諸語アタチュルク森林農園アゼルバイジャン人ガスプリンスキーアタチュルクの森オルド(斡魯朶)ケマル・パシャテギン(特勤)アヌトゥカビルアタチュルク廟チャガタイ語トルコ系諸族ウイグル文字アタチュルクトルクメン語ケマルパシャ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android