コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュービンゲン学派 チュービンゲンがくはTübinger Schule

世界大百科事典 第2版の解説

チュービンゲンがくは【チュービンゲン学派 Tübinger Schule】

ドイツの精神医学者ガウプが基礎を築いた学派。1906年チュービンゲン大学教授になったガウプは開かれた温かな人格を持った優れた研究者,医者,教育者で,教室はシュワーベン詩人学派と呼ばれた。その自由で繊細な学問的雰囲気を慕って,ライスE.Leiss,クレッチマー,シュトルヒA.Storch,カントO.Kant,ランゲ・アイヒバウムW.Lange‐Eichbaum,ホフマンH.Hoffmann,フィリンガーW.Villinger,ショルツW.Scholzらが集まり,個性的で多面的な研究が行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチュービンゲン学派の言及

【ガウプ】より

…第1次大戦後,器質性か心因性かで論争の的だった戦争神経症についても,外傷ヒステリーの説をつらぬき,神経症の心因論確立に力をつくした。ガウプの教室には,その自由な雰囲気をしたって,クレッチマーらの俊秀が集まり,ドイツ的力動論をめざす〈チュービンゲン学派〉を築いた。36年,ナチスによる政治的圧迫のため退職したが,彼の学風はクレッチマーらにより継承され,今日に至っている。…

【精神医学】より

…20世紀に入るとともに,精神分析のS.フロイト,それを容認して力動的な症状論を展開するE.ブロイラー,現象学の導入により方法論を整備したK.ヤスパースら,新たな勢力が台頭して,19世紀の精神医学に深さと広がりと高さを加える。これらがヨーロッパ全域で豊かな開花をみせるのはとりわけ20世紀の20年代で,ヤスパース,H.W.グルーレ,マイヤー・グロースW.Mayer‐Grossを擁するハイデルベルク学派,R.ガウプとE.クレッチマーを擁するチュービンゲン学派,そしてクロードH.ClaudeとH.エーを中心とするフランスのサンタンヌ学派などがその重要な拠点となった。ただし,これらの開花が現代精神医学の繁栄をもたらすまでには,30年代から40年代半ばにかけてナチス体制下のドイツ精神医学が精神病者をガス室へ送りこむのに荷担するというあの暗い歴史が介在しているのを忘れることができない。…

※「チュービンゲン学派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チュービンゲン学派の関連キーワードエルンスト クレッチマーロバート ガウプリッチュルバウル新神学

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android