コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チラス チラスChilās

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チラス
Chilās

パキスタン北部,カシミールの村。ヒマラヤの高峰ナンガパルバットの北西,インダス川左岸にのぞむ。ムザファラバードから,フンザ地方に北上する隊商ルートの中間地点で,インダス川渡河地点でもあり,交易中継地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チラスの関連キーワードスベルドラップ(Harald Ulrik Sverdrup)フルトン(Robert Fulton)ジョージ・ヒューバート ウィルキンズノーチラス・テクノロジーズゼネラル・ダイナミックスH.ジョージ リコーバーH.U. スベルドルップW.R. アンダーソン沿ドニエストル共和国ドニエストル[川]コネティカット州スベルドルップラリオーノフ原子力潜水艦ドネストル川エルズワースウィルキンズ慣性航法装置ノーチラスチラスポリ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android