ツイストドリル(読み)ついすとどりる

  • twist drill

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (twist drill) 穴あけに用いる一般的な切削工具。棒状で、先端は円錐状になり、ねじれ溝との交線が切れ刃となる。ドリル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のツイストドリルの言及

【ドリル】より

…錐(きり)と同義であるが,錐という場合には木工用の大工道具を指すことが多い。正確かつ能率よく穴を加工するため,ドリルは特殊な形状をしているが,穴の底で削り出された切りくずが容易に排出されるように,ドリル本体に2本のねじれみぞを設けたツイストドリル(ねじれ錐)がもっとも一般的である(図1)。ドリルの先端は,ほぼ円錐状に作られ,ねじれみぞと円錐面との交線が2個の主切刃となり,中心部には短いチゼル切刃が形成される。…

※「ツイストドリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android