ツウェット(読み)つうぇっと(英語表記)Михаил Семёнович ЦветMihail Semyonovich Tsvet

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツウェット
つうぇっと
Михаил Семёнович Цвет Mihail Semyonovich Tsvet
(1872―1919)

ロシアの植物学者。スイスのジュネーブ大学で学んだのち、ロシアに戻り、ペテルブルグ、ワルシャワで植物学を教授した。1906年、緑葉の石油エーテル抽出液を、ガラス管に詰めた炭酸カルシウムの層に通すことによって個々の色素を分離する方法を発表し、これをクロマトグラフィーと名づけた。この方法によって彼は、クロロフィルにα(アルファ)とβ(ベータ)の2種があることを確立したほか、種々のキサントフィルやカロチン類を分離した。クロマトグラフィーは1930年代以後急速に発展し、現代の主要な分析技術の一つとなっている。[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android