ツノフノリタケ(角布海苔茸)(読み)ツノフノリタケ(英語表記)Calocera cornea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツノフノリタケ(角布海苔茸)
ツノフノリタケ
Calocera cornea

担子菌類ベニキクラゲ目ベニキクラゲ科。広葉樹の枯れた幹の朽ちかけたものに群生する。高さは3~6mm,先のとがった角のような形で単一のものもあるが多くは先が叉状に分岐している。軟骨質でなめらかで黄赤色をしている。乾くと革質になる。担子器はY字形で担子胞子腎臓形をしている。世界各地に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android