ツポレフTu-144(読み)ツポレフティーユーいちよんよん(英語表記)Tupolev Tu-144

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツポレフTu-144
ツポレフティーユーいちよんよん
Tupolev Tu-144

旧ソビエト連邦の超音速輸送機。アンドレイ・ニコラエビッチ・ツポレフらによって設計され,1968年 12月 31日コンコルドより2ヵ月早く初飛行した。 1970年5月には再びコンコルドに先立ちマッハ2を記録したが,機体形状がコンコルドと酷似しているため「コンコルドスキー」などと揶揄された。全長 65.7m,全幅 28.8m,総重量 180t,客席 140,ターボファン・エンジン4基を積み,巡航速度マッハ 2.35,航続距離 6500km。 1973年のパリ航空ショーでデモ飛行中に墜落し,超音速旅客機の将来に暗い影を落としたが,1975年 12月からモスクワアルマアタ間に貨物便として就航,1977年 11月には同じ路線で旅客便の定期運航も始まった。しかし空力特性や燃料消費が予想外に悪く,経済性や信頼性にも問題があったとみられ,102便が飛んだだけで,1978年6月6日運航中止となった。その後,1979年6月から新しいエンジンに換装した Tu-144Dがモスクワ-ハバロフスク間の貨物便として飛び始めたが短期間で終了した。 Tu-144は総数 12機がつくられ,2機が事故で失われたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android