ツリスドリ(読み)つりすどり(英語表記)oropendola

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥綱スズメ目ムクドリモドキ科のなかの熱帯性の2属に含まれる鳥の総称。別名オロペンドラともいい、オオツリスドリ属Psarocolius12種とツリスドリ属Cacicus10種を含む。中央アメリカから南アメリカの新熱帯区に分布する中形の鳥で、全長35~55センチメートル。ムクドリモドキ科Icteridaeは新世界で著しく多様化した大きいグループであるが、そのなかでももっとも色彩豊かな鳥である。森林の縁とか二次林に多く、コーヒー園などにとくに多い。大部分の種が果実食である。1本の木に多数の鳥が群がり、コロニーをつくって繁殖する。巣は手提げ籠(かご)のような形で、植物性繊維を編んでつくられ、1、2メートルの長さになり、木の枝から垂れ下がっている。一つのコロニーに100以上の巣が垂れていることもある。繁殖期以外も群れで過ごしている。もっとも広く分布している種はカンムリオオツリスドリP. decumarusで、全身が黒っぽいが、後半身は茶褐色、尾羽の外縁は黄色で、青い虹彩(こうさい)、黄色い大きい嘴(くちばし)、冠羽をもつ。一夫多妻である。[中村登流]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android