コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠羽 カンウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐う〔クワン‐〕【冠羽】

鳥の頭の、周囲より長い羽毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんう【冠羽】

鳥の頭にあって、周りより長く伸びた羽毛。冠毛。羽冠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

冠羽の関連キーワードショウジョウコウカンチョウコウカンチョウ(紅冠鳥)ヤツガシラ(戴勝)チュウサギ(中鷺)カンムリウミスズメカシラダカ(頭高)ヘラサギ(篦鷺)チシマウガラス岩跳ペンギンコシアカキジカーディナルシュモクドリインド孔雀ハッカン烏帽子鳥金黒羽白アオサギキバタンササゴイ阿亀鸚哥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠羽の関連情報