コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティアレト Tiaret

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティアレト
Tiaret

アルジェリア北部ティアレト県の県都。旧名タグデンプト Tagdempt。首都アルジェ南西約 230km,テルアトラス山脈の南端,オープラトー (高原) 周縁の標高 1050mの地点に位置する。ローマ時代はティンガルツィアと称し,ビザンチン時代にはアルジェリア西部の首都となり,7世紀にはアラブの重要な都市となった。その後ファーティマ朝,ムラービト朝,オスマン帝国などの支配を受け,1843年フランスに占領された。気候はしのぎやすく,セルスー高原で生産される穀類,家畜の集散地。特にウマの純血種アラブの生産で有名。ローマやイスラム王国の遺跡が多く,近くには6~7世紀頃のベルベル人諸王のものとみられるピラミッドがある。人口約6万 (1977) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティアレトの関連キーワードアブドゥル・カーディル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android