穀類(読み)こくるい

精選版 日本国語大辞典「穀類」の解説

こく‐るい【穀類】

〘名〙 (「ごくるい」とも) イネ科の植物で、その種子を食用にするものの総称。穀物
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「ごくるいを二日くわぬとたいこ飲み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の穀類の言及

【食用植物】より

…農業上では,食用作物を狭義の食用作物と園芸作物とに分けて扱っており,また工芸作物として分類されている作物の中にも,香辛料,油料,甘味料作物など食用のものも食用作物に含めることができる。 狭義の食用作物とは,人間の主要なエネルギー源となり,主食や準主食とされるもので,おもに穀類といも類とからなる。穀類は草本植物の子実で,イネ科とマメ科の植物が中心である。…

※「穀類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android