穀類(読み)こくるい

精選版 日本国語大辞典 「穀類」の意味・読み・例文・類語

こく‐るい【穀類】

〘名〙 (「ごくるい」とも) イネ科植物で、その種子食用にするものの総称穀物
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「ごくるいを二日くわぬとたいこ飲み」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「穀類」の意味・読み・例文・類語

こく‐るい【穀類】

穀物のたぐい。穀物類。
[類語]穀物五穀雑穀米穀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「穀類」の解説

穀類

 →穀物

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の穀類の言及

【食用植物】より

…農業上では,食用作物を狭義の食用作物と園芸作物とに分けて扱っており,また工芸作物として分類されている作物の中にも,香辛料,油料,甘味料作物など食用のものも食用作物に含めることができる。 狭義の食用作物とは,人間の主要なエネルギー源となり,主食や準主食とされるもので,おもに穀類といも類とからなる。穀類は草本植物の子実で,イネ科とマメ科の植物が中心である。…

※「穀類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android