コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティンタージェル城 ティンタージェルじょう

1件 の用語解説(ティンタージェル城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ティンタージェルじょう【ティンタージェル城】

イギリスのイングランド南西端のコーンウォール半島北側、大西洋に面した海岸の小さな町ティンタージェル(Tintagel)にある断崖絶壁の岬の上に建つ古城。ティンタージェル村からは徒歩で行くことができるほか、ウェイドブリッジ(Wadebridge)からバスが出ている。この城はアーサー王伝説キャメロットと信じられている城で、アーサー王はこの城でイグレーナ女王の子として生まれ、魔法使いマーリンによって守護されたといわれる。アーサー王は5~6世紀ごろの人物とされるが、この城に現存する城壁などは、13世紀にコーンウォール伯により築かれたものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティンタージェル城の関連キーワードコーンウォールコーンウォール語プリマスペンザンスケララデボンコーンウォンコーンワル半島ランズ・エンド[岬]Hastings

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone