コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古城 コジョウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐じょう〔‐ジヤウ〕【古城】

古い城。ふるじろ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

古城(ごじろ)

和歌山県田辺市で生産されるウメ。果皮は黄緑色、果実は果肉があつく加工に適する。大正時代後期に田辺市長野の那須政右エ門氏が育成・定着した品種で、名称は那須氏の屋号に基づく。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こじょう【古城】

古い城。昔の城。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古城の関連キーワードサヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル長野県下伊那郡阿南町富草緋牡丹博徒 鉄火場列伝大理石村ロックハート城シュタイヤー音楽祭高岡古城公園動物園ライン渓谷中流上部富山県高岡市古城宮崎産業経営大学マルクスブルク城高岡市立博物館前しか向かねえゴシックホラーハイデルベルク和歌山県田辺市ニュルンベルクメーラル[湖]ローテンブルクミュールハイムランカスター

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古城の関連情報