コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テクハラ テクハラ

1件 の用語解説(テクハラの意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

テクハラ」とは、テクノロジーハラスメントあるいはテクニカルハラスメントの略で、ITに疎く、コンピューターなどハイテク機器の扱いが苦手な人へのいじめ嫌がらせのことです。ITに関する知識が豊富でスキルの高い人がそうではない人に対し、わざとわかりそうもない専門用語で指示を出して追い詰めたり、相手が対応できないと侮辱的な言葉で叱責したりする行為がテクハラに相当するとされています。
(2013/10/28掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テクハラの関連キーワードテクノロジーテクノロジーアセスメントハイテクノロジーハラスメントインベストメントテクノロジーオーバーテクノロジーテクノロジーアートローテクノロジー日経BPガバメントテクノロジークリーン・テクノロジー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テクハラの関連情報