コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレビ討論[選挙] テレビとうろん[せんきょ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレビ討論[選挙]
テレビとうろん[せんきょ]

選挙運動期間中に,候補者同士が生中継のテレビ番組において討論し,各種の政策上の意見を戦わせる討論会のこと。 1960年にケネディニクソンが史上初のテレビ討論を行なったが,それまで劣勢といわれていたケネディがこれを機に形勢を逆転して当選した。近年のアメリカ大統領選挙では毎回行われている。日本でも 90年2月の総選挙を前に,1964年以来 26年ぶりに党首同士の公開テレビ討論会を開いた。イメージ戦術を重視する近年のメディア選挙の流れのなかでは,1つの重要な宣伝の方法であり,また逆に,実質的な政策論争をテレビを通して国民に明らかにするという効用もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android