コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

効用 こうようutility

翻訳|utility

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

効用
こうよう
utility

消費者が,自己の消費するから受ける満足の度合いを数量的に表現したもの。同じ財から得られる効用は,消費者ごとに異なる主観的なものである。各消費者の効用は各種の財の消費量に依存しており,両者の関係,すなわち消費者の選好効用関数で表わされる。この効用関数が,任意の単調増加関数によって変換されても同じ選好関係を表現するならば,このときの効用概念は選好の序列をもつものとなり,序数的効用と呼ばれる。また,同一の選好関係を表現する効用関数の変換が限定されており,効用は基数的に測定できるものとされる場合には,これを基数的効用という。効用をもって個人の財に対する満足度を表現し,需要のミクロ的基礎づけを行う理論が展開されたのは限界革命以後であるが,それ以前にも H.ゴッセンらによって法則化されていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐よう〔カウ‐〕【効用】

使いみち。用途。「うその効用
ききめ。効能。「薬の効用
経済学で、消費者が財やサービスを消費することによって得る主観的な満足の度合い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうよう【効用 utility】

個人や家計は,みずからの欲望や好みにもとづいて,経済活動の最終的な成果である財やサービスを選択し消費する。この消費する主体にとっての,欲望充足の度合の主観的測度を効用と呼ぶ。いいかえれば,欲望・嗜好を充足させる財・サービスの消費者にとっての使用価値,ないしは有用性ということになる。効用は,消費対象に内在する固有の性質だけでなく,消費主体によるその対象物の評価によって大きさが決まるため,しばしば主観的価値とも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうよう【効用】

ききめ。効能。 「薬の-」
使い道。 「鉄の-は大きい」
〘経〙 財やサービスが消費者の欲望を満足させる度合。 → 限界効用

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

効用
こうよう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の効用の言及

【価値】より

…また,かりに投入労働の計算が可能だとしても,もし価値の源泉をなんらか他の要因に求めることが可能ならば,必ずしも労働のみが価値をもつとするわけにはいかない。実際,次にみる効用価値説は労働価値説に論理的に代替しうる,しかも形式的により精緻(せいち)なかたちで代替しうる仮説なのである。結局,労働価値説を擁護しぬくためには,事実命題というよりも価値命題として,たとえば“労働の尊厳”というような観念を前提するような非科学的な態度が必要になると考えられる。…

【経済人】より

…これが経済人の最も単純な定義である。 所与の欲望体系のもとで満足もしくは効用を最大にするよう行為するという意味において,経済人は合理的であると考えられる。このような合理性が最も簡単に発揮されるのは,効用が量的に測定されうる場合である。…

【ゲーム理論】より

…この結果について,各プレーヤーは何らかの評価をもち,各プレーヤーにとっての評価値が定まる。この評価値をプレーヤーのもつ効用とか,受けとる利得と呼ぶ。ゲームには偶然の要素がしばしば加わり,相手の行動の予測が困難な場合が多いから,リスクや不確実性のもとでの意思決定の問題に直面する。…

【時間選好】より

…将来に消費することよりも現在に消費することを好む程度を,時間選好率rate of time psekaidaihyakka_referenceあるいは単に時間選好と呼ぶ。通常の経済理論は,現在から将来にわたる消費活動によって得られる個人の効用(満足感のこと)を基礎にして組み立てられている。その効用の構造を特定化する要因の一つが時間選好である。…

※「効用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

効用の関連キーワード人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則テスティモニアル広告発泡スチロールの日限界効用逓減の法則ダウンズ・モデルモーリス アレーオーストリア学派大は小を兼ねるゴッセンの法則ローザンヌ学派社会的厚生関数限界効用理論多重効用蒸発いい風呂の日パレート最適期待効用理論ジェボンズ限界代替率カシスの日デュピュイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

効用の関連情報